健康マニア研究所

日々の生活に落とし込める健康習慣テクニックをシェア

ー「雑念」「煩悩」を取り払う毎日できる行動ー  

ー「雑念」「煩悩」を取り払う毎日できる行動ー
 
 

日々「肩に乗ってる悪魔」が囁いてきます。
勘弁して欲しいくらいです。
 
例えば「今日は仕事やめて楽しようぜ」とか、
「大福いっぱい食べようぜ」とか・・・・
「うるさい!」「あっちいけ!」と言うのですが、
中々去ってはくれません。
 
そんな「雑念」「煩悩」って、
中々取り払えないと思いませんか?
おまけに「雑念」に気を取られれば取られるほど、
その事が頭から離れなくなる。
悩めば悩むほど悩みが深くなるのと一緒ですね。
 
こんな時に一番いいのが「瞑想」なのですが、
「瞑想」って以外にもハードルが高いのです。
やってみるとわかるのですが、
たった3分目を瞑ってじっとするだけでも、
頭の中には色々な事が湧いてきて、
結局目を閉じて考えてる状態になっていたりします。
参ったな・・・って感じです。
 
そんな時は「ラベリング」と言うテクニックが有効です。
簡単に言えば「数を数えたり」「行動に意識を向ける」と言う事ですね!
 
例えば「歩く」時、
「左足」「右足」と言った感じで、
歩く事に注目してみます。
するとその事に集中するので雑念や煩悩はいつの間にか消えている事に気がつくはずです。
 
他にも掃除をしている時なら、
「今床を拭いている」「ここにちょっとした汚れがある」
みたいな感じで、やってる事を頭の中で言葉にします。
人って面白くて同時に2つの事を考える事ってできないのです。
 
試して欲しいのですが、
アメリカの自由の女神をイメージしながら、
動物園にいるゾウをイメージしてくれと言われると、
片方ずつしかイメージができない事がわかります。
 
「思考」も一緒で、
何かを考えながら、同時平行で何かを考えると言う事は、
できないようになっています。
例えば計算しながら同時平行で漢字の問題を解くみたいに、
なのでこの原理をうまく使うと、
悩みや雑念が多い時は、
他の思考や行動にシフトするのがベストなのです。
 
そこで有効なのが「ラベリング」です。
お坊さん達がやっている、「歩行瞑想」も同じ原理ですね。
い「今歩いてる」「左足が地面を感じている」「右足を前へ」と言う感じで歩く事に注目する事で、
心を整えるのですね。
 
これは時間が無い忙しく多忙な人でもできる、
とても有効なテクニックです。
移動する時全てでこの「ラベリング」を練習すると、
1日30分程度は瞑想の練習している事になります。
 
普通に座って呼吸だけに注目する瞑想は、
この歩行瞑想やラベリングを上手くできるようになると、スーッと簡単にやれるようになるので、
オススメです!
 
お金もかからず無料でできてしまうところが何よりもです。
 
さて僕も自転車瞑想(笑)やりながら仕事します!

疑っていたグルテンフリーの効果が予想以上だった!

中村です、

 

健康マニアの間では有名なグルテンフリー」

単純に小麦粉を使った食事を食べないという事です。

 

アレルギーが治るとか、

アトピーがなくなる

イライラしなくなる

他にも美肌になるとか・・・

 

効能が色々あるそうです。

 

ちなみに、

僕の知っている理論では食べ合わせ

 ※食べ合わせの定義はこちらから・・

kimihiko.hatenablog.com

 

さえしっかりしていれば、

基本的には大丈夫です。

 

ただ、

食べ合わせをしっかり意識していても、

アレルギー症状が出るというかたは、

グルテンフリーを試す価値があると思います。

 

 

僕自身食べ合わせをしっかりしていても、

うどんやパスタを食べた翌日から、

目の痒みや鼻水が止まらなくなってしまいます。

 

というよりも、

まさか本当に小麦が原因だったとは・・・って感じです。

 

f:id:kimihiko1992:20190828152410j:plain

 

グルテンフリーを初めて3日で効果を実感

 

 

小麦断食を初めて3日目で、

謎の鼻水や目の痒みが少しずつひいてきました

 

これは本当に驚きで、ネティーポッドや、

目を塩水で洗うルーティンをどれだけやっても

治る事がなかったのが、

グルテンフリーをやるとスーっと治るのです。

 

 

ただ小麦を辞めて3日目で必要以上にパンやうどん、

それからパスタを食べたくなります。

なんなんでしょうね・・・・

 

やはり小麦粉には少なからず中毒になる要素があるのでしょう。

でも1週間もすると小麦を食べたい欲求が段々と治ってきました。

 

 

イライラする事が減ってくる

 

グルテンがアレルギーをひき起こす最大の原因は、

グルテンというタンパク質成分が消化されにくく、

腸壁にへばりついたり、体内に残ったりして、

炎症を起こす事が一番の原因と言われています。

 

体で炎症が発生すると人はイライラしやすくなります。

誰でも経験があると思いますが、人はストレスがかかると

怒ったり、悲しんだり色々な体への反応が起こりますよね。

 

体と心はリンクしているので、

もし体に炎症が発生するとそれだけで心も炎症している状態になります。

 

心が炎症を起こすと単純にイライラしたり、

悲しんだり不安になったりします。

 

感情の振れ幅が健全な状態よりもさらに大きくなるのです。

疲れがたまると怒りっぽくなるのはその為ですね。

 

体の炎症が減るとそれだけでイライラする事が減ってくるのです。

 

 

アレルギー症状がある場合はグルテンフリーを

 

 

サプリや色々な健康法を試しても

中々花粉症や鼻炎などのアレルギーが治らない場合。

一度グルテン(小麦食)を辞めてみると良いでしょう。

 

僕も実際に辞めてみて本当に効果を実感しているので、

是非おすすめです。

 

 

まとめ

 

 

グルテンフリーは色々意見はあると思いますが、

アレルギーに苦しんでいる場合はやってみると

効果を実感できます。

 

 

単純に小麦を辞めるだけなので、

簡単です。

1週間小麦を食べたい欲求に苦しみますが、

それを越えれば楽勝です。

 

 

それでは!

 

 

 

 

 

 

 

ネガティブ思考は悪い!!というのが実は社会の洗脳であるという事・・・・

中村です、

 

 

f:id:kimihiko1992:20190827131212j:plain

「ネガティブ思考」=悪

「ポジティブ思考」=良

 

こんな思い込みがあると思いませんか?

 

僕自身会社に勤めては上司に「ネガティブだ!」

「考えすぎだ」と言われてきました。

 

僕としてはそれが当たり前で、

「ポジティブだ!イエーーイ!!!何とかなるさ!」

とはならないのです。

常に最悪のケースを想定してしまいます。

 

「もしかすると人に嫌われるかもしれない」

「もしかするとお金を払えないかもしれない」

「もしかすると失敗するかもしれない」

もしかすると・・・

こんな感じで最悪のケースを想定してしまいます。

本当ネガティブ思考だなと思います。

 

そして自分自身でそれが悪い事だと思っていたのです。

「ネガティブな自分はダメだ、ポジティブにならないと」

とにかくポジティブな事が良いんだと思い込んでいました。

 

モチベーションの本を読んだりすると、

必ずポジティブが最高という感じで書かれています。

他にもネガティブは良くない!

と色々な人から言われてしまいます。

 

それでネガティブ思考は「悪」だと思い込んでいるのですね。

 

 

でも本当は、「ネガティブが悪い」とか、

「ポジティブが良い」とかは無いんだと思います。

 

「ネガティブ思考」にも良い面も悪い面もあり、

「ポジティブ思考」にも良い面も悪い面もあるのです。

 

どんな事にも必ず光と影が存在します。

ネガティブ思考は一見「暗い存在」に見えてしまいます。

けれど裏を返せば最悪のケースを想定して、

そのネガティブな状況を直視できているという、

凄い才覚の持ち主なのです。

 

例えばもしこの世に「ポジティブ」な人しかいない場合、

一見明るいかもしれませんが、最悪のケースを想定する

という事がないので、ドカン!と、

事故や事件に繋がりかねないのです。

 

でもネガティブ思考だけしかいない場合は、

そもそも先に進まなくなります。

これはダメだ・・・

これをやるとまずい・・・

と全く先に進めなくなってしまいます。

 

 

世の中はこの「光」と「影」の法則で本当に

上手く成り立っているのです。

 

 

だから今の世の中は「ポジティブ思考が良い」

「ネガティブ思考は悪い」だから

「ネガティブ思考は変えないといけない」と思われているし、

ネガティブ思考な人もポジティブにならないといけないと、

思っているのです。

 

でも仮に「ネガティブ思考が最高!現実を見てる」、

「ポジティブ思考はただの能天気なだけだ」と思われて、

「ポジティブ思考は悪」と思わされていたら、

ポジティブな人は「ネガティブ思考にならないと」と、

色々本を読んだりするはずです。

 

それが今の世の中では逆になっているだけです。

ネガティブは悪いと、

そしてネガティブ思考の人たちもそれが悪い事だと

思い込んでしまっているのですね。

 

本当は悪い事ではないのです。

ネガティブ思考の人はそう思うと、

三国志で言えば「孔明」タイプではないでしょうか?

 

裏で戦略を練ってそれを伝える、

そうする事で敵を倒す。

 

チェスや将棋他にもオセロをやる人なら分かると思いますが、

あれほどネガティブ思考が有効になるゲームはないと思います。

 

なぜなら色々相手がやろうとしているケースを

想定しながら進めるゲームだからです。

何とかなるじゃ何ともならないゲームなのです。

 

だからこそそこにはネガティブな思考も必要になってくるのです。

 

他にも色々な場面で「ネガティブ思考」が強みを発揮するポイントは

沢山あると思います。

 

最悪のケースを想定するからこそ、

逆に言えば対策を練る事ができます。

自分はダメなやつだと思ってしまうのは、

逆に言えば自分のダメな部分を本当に直視できている

という事です。

 

それって本当に凄い事で、

自分のダメな部分を理解できるからこそ、

それを改善する事も可能になるのです。

 

 

「ネガティブ思考」な人には、

独自なオリジナルな成功方法があるのです。

だから「ネガティブ思考は悪だと思う必要は無いと思います」

僕自身この「ネガティブ思考でもいいんだ」と、

思えるようになってから、本当に心が軽くになりました。

 

だって今まで自分が授かった才能をある意味では、

偽って変えようとしていたからです。

 

ポジティブ思考の人は本当に凄いです。

自分に自信を持ち勇敢に色々な事にチャレンジできる、

そんな凄い人たちばかりです。

 

でもだからと言ってネガティブな人が上手く行かない訳ではありません。ネガティブを受け入れて共存さえすれば、

ネガティブ思考も凄いパワーを発揮するのです。

 

とにかくネガティブな人は頭がいいひとが多いです。

僕の知っている東大出身のYさんという方も、

IQが200近くある天才なのですが、

かなりのネガティブ思考です。

 

頭が良すぎるが為に、

ネガティブな事を沢山考えてしまうのですね。

考えすぎるということは、

裏を返せば頭が良い証拠なのです。

 

なぜならそれだけ考える力があるからです。

その能力を他に活かし始めた時に本当の真価を発揮し始めると思います。

 

ネガティブな自分を受け入れる

たったこの一つの見方の違いで、

生活そのものが大きく変わります。

 

ネガティブ思考ってやっぱり渋いよね(笑)

と自分で言ってるとちょっと笑えてきます。

 

そんな感じでネガティブが悪いことだと思う必要は無いのです。

ネガティブもありポジティブもありでこの世の中は回っているのです。

 

光と影です。

 

 

まとめ

 

 

「ネガティブ思考は悪い」と思われていますが、

本当は「光と影」の法則で必ずネガティブ思考も必要なのです。

ポジティブ思考は「光」

ネガティブ思考は「影」このバランスで世の中は回っていると思います。

 

なので、

もし僕のようにネガティブ思考に悩んでいるのなら、

そこまでネガティブはダメだと思うことは無いと思います。

 

ネガティブである事を誇っていいのです。

 

 

今回のテーマはネガティブ思考でもいいんだという事を、

伝えたいと思い書かせていただきました。

もしネガティブの人の心が動いてくれたなら、

とても嬉しいです。

 

 

それでは

 

 

 

 

 

忍も使っていた強力な日本古来のデトックスアイテムとは?

忍の解毒薬

 

 

 

f:id:kimihiko1992:20190825092017j:plain

このコップに入ってる謎の
黒い液体・・・・

実は物凄いデトックス効果があります。

 

ただあまりの得体の知れない液体が故に
これを人前で呑むとビビられます。

 

一度遊びで「墨汁飲んでる(笑)」と言って、
ゴクゴク飲んでたら、
「ギャーーーーー!!??」
とビビられた事があります。

 

 

そんな得体の知れない液体の正体は・・・
「活性炭素水」です。

 

 

ーーーーーー
炭が毒素を吸着してくれる
ーーーーーー

 

 

活性炭素と言うと、
あまり聞き覚えがないかも知れませんが、
恐らくあなたも知っているでしょう。

 

普通に「炭」なのですね。
あのバーベキューの時に使う「炭」です。

 

まああれをモロに飲んでいる訳ではありませんが、
ちゃんと飲む用に市販されているものを使います。

 

この炭の素晴らしい点は、
「毒素を吸着して体の外に出してくれる」事です。

 

炭って実はスポンジみたいになっていて、
細かく粉砕しても粒子に穴が沢山空いているので、
そのスポンジのような穴が体の中にある毒素を
吸着して体の外に出してくれる訳です。

 

なかなか素晴らしい奴なのです。

 

ただデメリットもあります。
それが、
「食事と一緒にとると栄養素まで
デトックスしてくれる」事です。

がーん」って感じですね。

 

なので飲むタイミングは、「朝」です。
理想は朝食の30分前が良いでしょう。

 

そうする事で、スッキリデットクスできます。

 

相当険しい顔して飲んでいますが、
基本「無味無臭」です。

 

なので全く気にせずに飲めます。
ちなみに忍者は解毒するために、
この「炭粉」を常に常備していたそうです。

 

それほど解毒効果が高い代物なのです。

値段もさほど高くなく、
アマゾンで1000円〜2000円で
売られているのでおすすめです。

 

怪我や筋肉痛から皮膚の異常まで幅広く使える最強のテクニック

中村です、

 

 

僕はサイドビジネス
Uber eatsをやっております。
というより本音を言えば
Uber eatsの収入の方が大きい・・・

 

それは週6日ずっとチャリ漕いで配達しているから・・・
ただそれだけです。
朝起きてブログやメルマガなどの
仕事を済ませた後は、
Uberの仕事を始めます。

 

ただ毎日平均60キロ〜多い時で70キロ近く
自転車を漕いでいる計算になるので、
足にかかる負担はかなりのものになります。

 

ロードバイクを買った自転車屋さんに言って、
「毎日仕事で平均60キロくらい漕いでます」
と伝えると、
「選手並みじゃないですか!?」
とかなり驚いていました。
おそらく一日8時間以上配達する人は、
基本的にバイクを選択してます。
何故ならその方が楽だからです。


8時間自転車で配達するのは、
かなりの負担がかかります。

 

それでも毎日しっかり稼ぎあげているのには
理由があるのです。

それは、


筋肉の疲労を残さない。
これを徹底しているからです。

 

一見簡単そうでかなり難しい事です。
毎日自転車で60キロ近く走ると一番わかりやすい
のですが、疲労レベルは相当なものです。
これまで工場や色々な肉体労働を経験してきましたが、
Uber eatsの自転車8時間が一番キツイです。

 

でも人間関係に悩む必要がないので
僕は収入源として活用しているのです。

 

ではその筋肉の疲労回復レベルをあげて
疲労感を消す方法を紹介します。

 

温水と冷水のアプローチ

f:id:kimihiko1992:20190818081005j:plain

最近ではスポーツのアスリート選手も
取り入れてる人が多いのが、
この温水と冷水を交互に浴びるルーティンです。

 

これは一見本当に効果あるのか?
と思われがちですが、めちゃくちゃ効果あります。

 

サウナを思い出して欲しいのですが、
サウナで「暑い」「冷たい」を繰り返すと、
疲労感が取れた経験はないでしょうか?

 

あれをさらに細かいスパンで行うのが、
この温冷浴なのです。

 

時間にして1分感交互に15分間やります。

熱湯1分やったら、冷水1分みたいに。

シャワーでもいいですし、
湯を張ってやってもいいと思います。

 

僕のやり方は、
浴槽に豆腐の入れ物で作った氷をたくさん入れ
氷水にします。

 

そして最初に熱い45度くらいのお湯を
バーっと浴びます。
あっち!あっち!と言いながら1分たったら、
今度は氷水に入ります。

 

冷たい!!!と言いながら1分我慢し、
また1分熱湯を浴びます。

 

これを15分間繰り返すのですが、
正直めちゃくちゃ効果あります。

 

僕はもうかれこれ2年前からこの習慣を
取り入れているので慣れていますが、
最初は氷水や熱湯は厳しいと思うので、

ゆるくそこまで冷たくない冷水と
40度程度のお湯から初めて見ると良いでしょう。
そして慣れてきたら段々温度の差をつけると最高です。

 

でもこれ何でそこまで効果があるのかというと
人間の血流の仕組みを活かしているルーティンなのです。

 

血流をコントロール

 

人の体って熱くなると体の末端まで血液を運び、
逆に体が冷たくなると心臓に血液を集めようとします。

 

その性質を利用して、
血液をグルグル回すのですね。
血流が悪いと肩こりや腰痛の原因になる通り、
血流の悪さは人体にとってかなり有害です。

 

でも血流を良くすればとてもいいことだらけなのです。
まず筋肉にある疲労物質を取り除く事ができます。
そして血液を循環させるので
新陳代謝が良くなり細胞の修復も早くなるのです。

 

だからこの温水と冷水の交互のルーティンは、
皮膚炎や腱鞘炎、怪我や打撲。
何にでも使える最強ルーティンなのです。

 

「湿布の方がいいよ!」
と思うかもしれませんが、
僕はこのルーティンを始めてから、
湿布を一度たりとも買ってません。

 

何故なら湿布を買う必要がないからです。

 

それだけこの温冷水ルーティンの効果には
僕自身とても恩恵を受けているのです。


まとめ

 

今日のテーマは、
怪我や筋肉痛から皮膚の異常まで幅広く使える最強のテクニック
でした。

 

アプローチは難しくありません。
温水と冷水の交互。

 

そしてその温度差が激しいほど効果は上がります。
熱湯と氷水は最強ですが、
正直変態レベルなのでアスリートでも
ない限りはしなくていいと思います。

 

僕はこのルーティンを健康学の先生に教わって、
生活に取り入れてから筋肉痛に悩まされることがなくなり
本当に助かってます。

 

特に元々腱鞘炎で悩んでいた時期が長く
今でも腕立てふせをすると右手首が痛む時があります。
でもそんな時でもしっかり温冷水をやると
緩和してくれるので、
やはり温冷水いいね!って感じになってます。


最初は冷水を浴びることが難しいと思いますが、
徐々にやってると段々と気持ちよくなってくるので、
ぜひ試してみてください。

 

それでは