ライフハッカーの愉快な日常

日々の生活に落とし込めるライフハックテクニックをシェア

トレーニングする人に強く進める食材「玉ねぎ」について。

中村です、

 

僕が、かなり愛している野菜がいます。

正直色々な野菜達を愛しし過ぎて、

浮気者!」と言われそのうち包丁で刺されるかもしれません。

 

まあそれは置いておいて・・

その野菜が「玉ねぎ」です。

僕はほぼ毎日どこかの食事で食べています。

玉ねぎは血液サラサラになると知っている人も多いでしょう。

でもそれだけではない素晴らしい効果がたくさんあります。

 

その効果をまとめ行きます。

 

気の巡りを整え胃を元気にする

 

玉ねぎはその性質上気の巡りを良くする効果が高いです。

血液サラサラになると知っている人も多いでしょう。

そして気の巡りをよくして胃を元気にしてくれるのです。

これが何故トレーニングする人に有効なのか?

 

恐らく筋トレした後とかは、

単純にタンパク質を沢山食べますよね?

タンパク質が多い食材はどうしても、

消化が悪い傾向があります。

 

その時やはり胃腸に負担をかけてしまいがちに

なってしまうのです。

胃腸に負担がかかるとせっかく食べたタンパク質が

しっかり体に吸収されなくなってしまいます。

 

なので胃の働きを高めしっかり吸収する事で、

必要以上にタンパク質を取らなくても筋肉がつきやすくなります。

僕がどこかの会で「食べ合わせ」が筋トレで一番重要と言ってた

事も、この吸収の観点で重要なのです。

 

内臓器官がちゃんと作動してないと、

消化吸収がちゃんと行われないのです。

 

食べ合わせを意識して、

そして玉ねぎを食事に取り入れて行くと・・・

最強です。

 

ポリフェノール「ケルセチン」が抗酸化してくれる

 

僕らの体は激しくトレーニングすると、

必ず酸化して行きます。

なのでトレーニーは積極的に抗酸化物質を取る必要があるのです。

 

この玉ねぎに含まれている「ケルセチン」は抗酸化効果他、

動脈効果や悪玉コレステロールをコントロールするなど、

血流をどうにかする事に長けているのです。

 

知っての通り傷を早く直そうと思うと、

血流が良い方が圧倒的に早く治ります。

他にも腰痛や肩こりも血流の滞りや血流が悪い事で、

発生してしまうのです。

 

その血流を改善する事に、

玉ねぎはとても長けているのです。

まじ半端ないです。

 

アリシンがビタミンB1の吸収を促進

 

玉ねぎのツンとした匂いの正体の硫化アリルの一部、

アリシンはビタミンB1と結合する事でとても吸収されやすくなります。

ビタミンB1はご存知「大豆」「豚肉」「うなぎ」に沢山含まれています。

 

ビタミンB1は神経系と代謝に深く関係しているので、

ダイエッターやトレーニーには必須のビタミンなのです。

そのビタミンB1の吸収を促進してくれるのですから、

とらないわけにはいきませんよね。

 

まとめ

 

今回はトレーニングする方に向けた記事でした。

ちなみにダイエットしている方にもオススメです。

上記にもある通りとても優秀な食材です。

しかも美味しい・・

 

本当になんにでも使いやすく、

毎日食べても飽きのこない食材です。

僕の家の調理場には絶対玉ねぎは欠かせません。

 

カレーにも、サラダにも、

味噌汁にも、野菜炒めにも、

全て玉ねぎが使えてしまいます。

 

そして火を通す事で甘く美味しくなります。

効能を最大化する時には、

切って水にサッと晒して、

後空気中に一定時間放置して生で食べるのが

効果的です。

 

是非玉ねぎパワーで体を整えていきましょう。

 

それでは

 

 

Ps

引き締まった肉体を手に入れたい方必見!

90日モテボディー研究所というコミニティーを運営しています。

後々有料にして行こうと思っていますが、

まずは試験期間中です。

 

今だけ無料で受講することが可能なので、

この機会一度どうでしょうか?

3ヶ月で引き締まったモテモテボディが手に入ることが、

テーマです。

 

興味がある方はこちらをクリック⇩

中村公彦 | Facebook