ライフハッカーの愉快な日常

日々の生活に落とし込めるライフハックテクニックをシェア

ネガティブ思考は悪い!!というのが実は社会の洗脳であるという事・・・・

中村です、

 

 

f:id:kimihiko1992:20190827131212j:plain

「ネガティブ思考」=悪

「ポジティブ思考」=良

 

こんな思い込みがあると思いませんか?

 

僕自身会社に勤めては上司に「ネガティブだ!」

「考えすぎだ」と言われてきました。

 

僕としてはそれが当たり前で、

「ポジティブだ!イエーーイ!!!何とかなるさ!」

とはならないのです。

常に最悪のケースを想定してしまいます。

 

「もしかすると人に嫌われるかもしれない」

「もしかするとお金を払えないかもしれない」

「もしかすると失敗するかもしれない」

もしかすると・・・

こんな感じで最悪のケースを想定してしまいます。

本当ネガティブ思考だなと思います。

 

そして自分自身でそれが悪い事だと思っていたのです。

「ネガティブな自分はダメだ、ポジティブにならないと」

とにかくポジティブな事が良いんだと思い込んでいました。

 

モチベーションの本を読んだりすると、

必ずポジティブが最高という感じで書かれています。

他にもネガティブは良くない!

と色々な人から言われてしまいます。

 

それでネガティブ思考は「悪」だと思い込んでいるのですね。

 

 

でも本当は、「ネガティブが悪い」とか、

「ポジティブが良い」とかは無いんだと思います。

 

「ネガティブ思考」にも良い面も悪い面もあり、

「ポジティブ思考」にも良い面も悪い面もあるのです。

 

どんな事にも必ず光と影が存在します。

ネガティブ思考は一見「暗い存在」に見えてしまいます。

けれど裏を返せば最悪のケースを想定して、

そのネガティブな状況を直視できているという、

凄い才覚の持ち主なのです。

 

例えばもしこの世に「ポジティブ」な人しかいない場合、

一見明るいかもしれませんが、最悪のケースを想定する

という事がないので、ドカン!と、

事故や事件に繋がりかねないのです。

 

でもネガティブ思考だけしかいない場合は、

そもそも先に進まなくなります。

これはダメだ・・・

これをやるとまずい・・・

と全く先に進めなくなってしまいます。

 

 

世の中はこの「光」と「影」の法則で本当に

上手く成り立っているのです。

 

 

だから今の世の中は「ポジティブ思考が良い」

「ネガティブ思考は悪い」だから

「ネガティブ思考は変えないといけない」と思われているし、

ネガティブ思考な人もポジティブにならないといけないと、

思っているのです。

 

でも仮に「ネガティブ思考が最高!現実を見てる」、

「ポジティブ思考はただの能天気なだけだ」と思われて、

「ポジティブ思考は悪」と思わされていたら、

ポジティブな人は「ネガティブ思考にならないと」と、

色々本を読んだりするはずです。

 

それが今の世の中では逆になっているだけです。

ネガティブは悪いと、

そしてネガティブ思考の人たちもそれが悪い事だと

思い込んでしまっているのですね。

 

本当は悪い事ではないのです。

ネガティブ思考の人はそう思うと、

三国志で言えば「孔明」タイプではないでしょうか?

 

裏で戦略を練ってそれを伝える、

そうする事で敵を倒す。

 

チェスや将棋他にもオセロをやる人なら分かると思いますが、

あれほどネガティブ思考が有効になるゲームはないと思います。

 

なぜなら色々相手がやろうとしているケースを

想定しながら進めるゲームだからです。

何とかなるじゃ何ともならないゲームなのです。

 

だからこそそこにはネガティブな思考も必要になってくるのです。

 

他にも色々な場面で「ネガティブ思考」が強みを発揮するポイントは

沢山あると思います。

 

最悪のケースを想定するからこそ、

逆に言えば対策を練る事ができます。

自分はダメなやつだと思ってしまうのは、

逆に言えば自分のダメな部分を本当に直視できている

という事です。

 

それって本当に凄い事で、

自分のダメな部分を理解できるからこそ、

それを改善する事も可能になるのです。

 

 

「ネガティブ思考」な人には、

独自なオリジナルな成功方法があるのです。

だから「ネガティブ思考は悪だと思う必要は無いと思います」

僕自身この「ネガティブ思考でもいいんだ」と、

思えるようになってから、本当に心が軽くになりました。

 

だって今まで自分が授かった才能をある意味では、

偽って変えようとしていたからです。

 

ポジティブ思考の人は本当に凄いです。

自分に自信を持ち勇敢に色々な事にチャレンジできる、

そんな凄い人たちばかりです。

 

でもだからと言ってネガティブな人が上手く行かない訳ではありません。ネガティブを受け入れて共存さえすれば、

ネガティブ思考も凄いパワーを発揮するのです。

 

とにかくネガティブな人は頭がいいひとが多いです。

僕の知っている東大出身のYさんという方も、

IQが200近くある天才なのですが、

かなりのネガティブ思考です。

 

頭が良すぎるが為に、

ネガティブな事を沢山考えてしまうのですね。

考えすぎるということは、

裏を返せば頭が良い証拠なのです。

 

なぜならそれだけ考える力があるからです。

その能力を他に活かし始めた時に本当の真価を発揮し始めると思います。

 

ネガティブな自分を受け入れる

たったこの一つの見方の違いで、

生活そのものが大きく変わります。

 

ネガティブ思考ってやっぱり渋いよね(笑)

と自分で言ってるとちょっと笑えてきます。

 

そんな感じでネガティブが悪いことだと思う必要は無いのです。

ネガティブもありポジティブもありでこの世の中は回っているのです。

 

光と影です。

 

 

まとめ

 

 

「ネガティブ思考は悪い」と思われていますが、

本当は「光と影」の法則で必ずネガティブ思考も必要なのです。

ポジティブ思考は「光」

ネガティブ思考は「影」このバランスで世の中は回っていると思います。

 

なので、

もし僕のようにネガティブ思考に悩んでいるのなら、

そこまでネガティブはダメだと思うことは無いと思います。

 

ネガティブである事を誇っていいのです。

 

 

今回のテーマはネガティブ思考でもいいんだという事を、

伝えたいと思い書かせていただきました。

もしネガティブの人の心が動いてくれたなら、

とても嬉しいです。

 

 

それでは